交通事故免許について

自動車免許を取得し自分で運転するようになると可能な限り無違反で免許の点数を保持していきたいと思うのは当然のことです。
しかし交通事故を起こしてしまうと、免許証にも傷がついてしまうことになり、事故の状況などによってさまざまな減点が行われます。


そのため多くの場合でしばらくの間車に乗れなくなってしまうほどの減点が行われますが、これは車での事故だけではなく当然ながらバイクでの事故や原付の事故も含まれてきます。
自転車とバイクの事故の場合には、自転車に免許そのものがありませんので、そういった意味では傷ついてしまうことがありませんが、それでも過剰な違反などが認められたり、故意的な事故だということが認められれば、過失が大きくなるため先方に対する保証をしなければなりません。


自動車免許についてのペナルティは交通事故の場合比較的大きなものになっており、特に加害者になってしまった場合には被害者側がどのような意思表示をするかによって、ここでの処置も変わってきます。


また、運転免許証からの減点のみでペナルティーが償却されるのかというとそうではなく、それぞれの違反に応じた罰則金も支払わなくてはなりませんので、どちらか片方だけと言う選択はできません。
免許は減点されても良いからお金を支払いたくないと言うわがままや、反対のわがままでも通用するものではありませんので、ドライバーとしてどちらの責任もしっかりと取るようにしなければなりません。


[管理人推奨リンク]
交通事故を起こしてしまうと相手方から慰謝料を請求されるかもしれません。その際に役立つサイトです >>> 交通事故 慰謝料

Copyright © 2014 交通事故と免許 All Rights Reserved.